ひどい事を言われて仕事を辞めると、次の仕事を探す元気もない

ひどい事を言われて辞めた時

前の務めを人間関係
嫌な辞め方をしている場合には、
気が弱っています。

それでも生活の為には、
すぐに次の仕事を見つけなければならないのです。

ですが、そんな気になれない場合もあります。

 

仕事関係者に、
ひどい事を言われて
あまりのショックで辞めた時は 辛いでしょう。

 

若い時には、社会経験が未熟なせいもあり、
年上も多いので、目上の人から
心無いことを言われることがありますが、

中年になってから
ひどい事を言われて辞めた時には、
そのショックは もっと大きいかもしれません。

 

40代50代になると、
新しい仕事を探すことは大変になります。

ひどい言われ方をして 辞めた場合には、
意欲が失せ、自信がなくなってしまいますので、
その大変な仕事探しをすることも 辛くなります。

「次の仕事をみつけても、
またできなかったらどうしよう」
「またひどいことを言われたらどうしよう」
と弱気になってしまうこともあります。

 

前職の辞め方次第では、しばらく休みたいです。

でも年金もらう年齢でない限り、
仕事をしないわけにはいきません。

長くは休めません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

使えないおっさん 仕事ができない

若い社員が、
後から入って来た 中高年の新入社員の世話
任されることがあります。

 

そして、そういう若い人が、
その40歳、50歳の中途入社の社員のことで、
愚痴をこぼすことがあると思います。

 

「しじゅう、ごじゅうで転職する奴って、
ろくな奴いない、仕事できねえ。
言ったって覚えねえし、やる気がねえ」

若い人がこんなことを、
言っていることを 聞いたことがあるでしょう、
そういうことを言ったことがある人もいるでしょう。

私は若い時に、工場でも工事現場でも、
大きな会社でも、小さなお店で働いた時でも、
こんな愚痴を聞いたことがあります。

 

次の仕事を探す元気もない

 

若い人は給与が安いことが多いです。

自分が教える立場なのに、
その仕事が出来ない中高年の「おっさん」と
人と同じくらいの給与しかもらえない場合があります。

 

年齢給を採用している会社の場合だと、
教えている自分より、
仕事が出来ない「おっさん」の方が
もらっている場合もあります。

 

それでは、腹立たしくなります。

 

でも、そんなことを言ってた若い人も、
やがて歳をとり逆の立場になることもあります。

 

自分が言っていたことを、
今度は、逆に言われる立場になってしまうことがあります。

 

「あの時に自分が、文句を言っていた
中高年の新入社員は、
なじられても平然とした感じだったけど、
内心はとても傷ついていたんだろう」と
後になってからわかるものです。

 

 

他人に言ったひどい事がいずれ

ある設備管理の会社員(40代)から、
こんな話を聞きました。
「従業員を募集したら、どこかの工場に勤めていた人が
3人面接に来たけど、みんな50代の人。
どこかのでかい工場で
契約社員で働いていたんだって。
うちで試用期間として働いてもらったけど、
契約社員の方が給与がいいって言って、
2人はすぐに辞めちゃいましたよ。

でも、自分よりも10も20も上の人に
仕事教えるのも面倒で嫌ですよ。

覚得る気がないのか、
やる気がないのかわからないけど、
教えづらいですよ。

いつ自分も同じ立場になるかわからないから
冷たくできないけど、動きが悪くてねえ。

道具の名前や扱い方も教えていると、
時間かかっちゃって、
帰りが遅くなるし、残業代出ないし…。

 

教えてやっても、自分は最低の給与だから、
その人たちと 給与が大して変わらないんだから。
なんかいやになるなあ」

 

そんなことを言っていました。

 

 

 

中高年になって、
勤務先がなくなってしまったり、
リストラされたりする場合もあるので、
中高年になって、新しい勤め先
見つけなければならなくなる場合もあるようですが、

 

転職すると、若い人に ひどい事を言われることも
覚悟しなければならないかもしれません。

 

仕事ができなくて、
若い人に迷惑をかけてしまうのなら
それは仕方がない事なんでしょう。

自分が悪ければ、
誰にひどいことを言われても、
我慢しなければならないんでしょう。

中高年も辛いです。

 

 

 

テキストのコピーはできません。