ヒステリー女性にも夫がいる。どんな人?すぐ怒る妻が嫌じゃないの?

ヒステリー女性は みんなが嫌いだろう?

私は子供の頃から
ヒステリーの女性は嫌いでした。

小学校の頃に、
女は嫌なことがあるとすぐ大騒ぎする
と思い始めた気がします。

クラスの誰かが、
自分の思い通りにならないと、
ヒステリーの女の子は、
怖い顔をしてしつこく何回も言います。

私は、ヒステリーの女の子に
よく命令されていた気がします。
すごく嫌でした。

学校では、
「静かにしろ」とか
「廊下は走るな」「掃除をしろとか」
「そんなことは言っちゃいけない」とか
「そんなことはするな」と
よく制限を加えられていました。

そんな命令聞くわけありません。

すると、どうにか私を思い通りにさせようと
ヒステリーの女の子は
教員に言いつけ、
教員も怒って私を叱るのです。

それでヒステリーの女の子は満足します。

私は、なぜか小さい頃から
ヒステリー女によく命令され、
文句を言われ続けてきました。

 

だから、友達にしたい女性は
ヒステリーでない人を選びたいと思っていました。

 

みんなヒステリー女を嫌いだと言いますが、
そんなヒステリー女性にも夫がいるんです。

 

なんでヒステリーを 嫁にしたんだろう?

ちょっとしたことでぎゃーぎゃーわめいて
嫌じゃないのかなあと不思議です。

 

ヒステリー女性の夫は ものすごく怖かった

私の顧客で現在70代後半の女性がいます。

この女性くらいヒステリィーの人はいない
と思われるくらいの人です。

いつも怒っていて、
ちょっとしたことで感情が爆発するので、
仕事で会いに行くことがとても怖い人でした。

その女性にも夫がいます。
すぐにカーッと怒るヒステリィー女性でも
結婚している場合が多いです。

 

その夫はどんな人かと思うのですが、
その夫も昔は、かなり怖かった人です。

その女性の夫は事業をやっていて、
私は、その女性が50代の時から
経理の仕事をさせてもらっています。

 

その夫は、普段の話し方が喧嘩口調です。

自分の気に入らないことがあると、
怒鳴り散らすような話し方をします。

 

怒鳴る男

 

奥さんも怖いですが、夫はもっと怖いんです。

私は、20代の時に
こんな怖いうちの経理を担当させられて・・・
もう嫌でたまりませんでした。

ヒステリィーの女性の夫は、
かなり短気で怒りっぽい人でした。

 

怒りっぽい同士なので、
口喧嘩が絶えないようでしたが、
それでも、何十年もずっと一緒にいます。

 

こんな怖い家にも子供がいますが、
その子供はどうなんだろう?と思うのですが、
会ったことがないのでわかりません。

 

その家の子供は大人になってから
家を出てしまいました。

もしかしたら、
こんな喧嘩口調で話している親の元に
いたくないのかもしれないと思いました。

 

私はこの夫婦の家に
時々経理のことで話しに行くのですが、

すぐに感情的になり、
夫婦で意見が異なると 言い争いになるので嫌でした。

 

ヒステリィーと
短気の口喧嘩を間近で聞くことは 怖いですよ。

 

クマの争い

 

年を取ったらおとなしくなった?

夫婦が50代60代の
比較てき若い時は、夫が一言、
「だめだ!」「よせ!」というと
奥さんもそれ以上口答えせずに
ムッとした感じで我慢していました。

それが、70代になると違ってきました。
夫のカンシャクが収まり、
どすの利いた脅しのような怒り方が
控えめになってきました。

夫の方は、人の話を聞くようになり、
笑顔で話すことも増えてきたのです。

昔と比べたら、
随分穏やかな旦那さんになったような気がします。

それで、夫はあまり奥さんに
言い返えすこともなくなったようで、
奥さんの方が強くなりました。

 

 

奥さんの方は、
相変わらずわがままでヒステリックですが、
それでも昔よりは、おとなしくなった気がします。
とはいうものの 相変わらず奥さんは怖いです。

「お金ばっかり出るようなことは、やめとくれ!」
などと夫に強くいい、
文句もたてつづけに言い続けます。

高齢になって、
夫の兄弟や親戚などの世話を
奥さんがしなければならないこともあり、
夫は奥さんに逆らえなくなったのかもしれません。

 

「あんたんちの親戚の世話なんてまっぴらよ!
あたしは、もうやらないからね!」
と、奥さんが、夫に怒っていうことを聞いたことがあります。

夫は何も言い返せませんでした。

最近は奥さんの方が強くなりました。
女性のヒステリーやカンシャクは
年を取るとある程度弱くなるのでしょうが、
やっぱり高齢になっても、強い人は強いです。

 

ヒステリー女性の夫はもっと怖い人でしたが、
歳を取ったら、
奥さんの言うことを、おとなしく聞く人になっていました。

 

広告:アマゾンキンドル出版 「ヒステリー女が大嫌い」は、こちらです。

 

 

テキストのコピーはできません。