嫌な事や悩む日が続くと胃腸が痛くなる。食べたら一時的に良くなる

悩む日が続くと胃が痛くなる

私は胃が弱く、悩みがあると胃が痛くなる方で、
子供の頃から胃痛、腹痛に苦しんできました。

市販の胃腸薬を
子供の頃から飲み続けていました。
ストレスで胃腸が痛くなるのは、子供も同じです。

 

胃薬を飲んだ後は、
たいがい胃の痛みが楽になります。

しかし、胃薬が効かない時もあったり
効いても、またすぐにいたくなって
辛かった時もありました。
そんな時は耐えるしかありません。
辛かったです。

 

二十代になるとガスター10という
胃腸薬が出たので、かなり助かりました。

とにかく私は、嫌なことや悩みごとが続くと
胃腸が痛くなり下痢もするので辛いです。

その悩みが解消されると
傷みは消えていきます。

また、急激に嫌なことが起きた時は、
すぐに胃腸が痛くなることもあります。

ショックに敏感な胃腸なので参っています。

嫌なことがあると胃が痛くなる

 

 

急に痛くなる…原因を考える

この数年間は胃痛は軽かったのですが、
本日の朝方寝ている時から
胃が痛くなってきました。

原因はきっと、あの図々しい女の人だ…
長年ストレスと胃痛に苦しんできたので、
最近は胃の痛みの原因がわかる時があります。

理由がわかって、
解決できるものだと意識すると
回復に向かえる場合があります。

 

でも今日は、まだ痛い。
そんな時は憂鬱になって余計痛くなってきます。

原因の人がわかれば
その人との係わりを断てば
胃痛から逃れられることもあるのです。

しかし、それが顧客の場合、
その人の仕事を断れば、その人に会わなくて済みます。

でも、その分収入が減るので、

いつも自分の心身の健康を取るか
お金をとるか悩み苦しむのです。

 

 

この日は、胃痛の対象の人に
勇気を振り絞って意見を言いました。

「そこまでやるのなら、別途料金をもらわないとできません」
と言えました。
それで、スッキリできました。

言いたいことは、少しは言わないとだめです

 

 

食べると傷みが軽くなる

悩みがあると食欲がなくなる人がいます。
そんな人は、食べないと体力がなくなったように見え、
痩せていくのが見た目でわかります。

すると周りの人が心配してくれたり
同情してくれたりするのでうらやましいです。

 

私の場合には、
食べないと胃が痛くて仕方がなくなります。

そして食べた直後は傷みが収まるのですが、
しばらくすると、またすぐに痛くなります。

お腹が減っているわけでもないのですが、
食べないと胃が痛くなります。

ですから、辛いことや心配事、
悩みが続くと太っていきます。

寝られないので、むくみも出ます。

小さい頃から心配事が続くと胃腸が痛くなったので、
食べっぱなしの時もありました。

大人になってからは、仕事のストレスが何年も続き、
中年になってからも、どんどん太っていきました。
その為私は、お腹がけがポコッと出たへんな体形です。

 

 

悩みによって痛い、所が変わるし下痢もする

また、腸も弱いので、
食べ過ぎると下痢になります。

嫌な人に嫌なことを言われると、
腸もいたくなります。

 

なぜかしら、嫌な客によって
胃が痛くなる人と、腸に傷みがくる人がいます。

嫌な状態、問題の種類によって、
胃が痛い、腸が痛い、肩がこるなど
場所が変わる時があるんです。

不思議でした。

 

50歳を超え、できるだけ
自分勝手な人や怒りっぽい人、
わけのわからないことを言う人と
関わらないようにし、
お客さんにしないようにしようと思っています。

変な人とかかわり合うと
身がもたなくなってきました。

 

 

胃痛が続くと転職する設計士

知人で設計の仕事をしている人も、
仕事で嫌なことを言われたり、
無理な要求をされたりすると
すぐに胃が痛くなり、腸がおかしくなるので、
胃腸薬は若い時から飲み続けています。

その人は、転職が多いです

嫌な上司や嫌な得意先に困らされ、
どうにもならなくなると、会社を辞めているようです。

建築士は求人がたくさんあるし、
資格があり経験が豊富にあると
50代でも いい給与で
いい会社に転職ができるようです。

建築士は良い職業で
うらやましいと思いました。

体が弱い人は、
就職、転職に強い職業につくといいです。

嫌な上司や悪い顧客に悩まされたら、
転職してしまえれば
その人達にかかわらなくて済むのです

それができる仕事の人は、いいなあ…

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。