嫌でたまらない会社は、突如行きたくなくなる。次の仕事を決めておく

やっと見付けた会社でも、突如行きたくなくなる

私は、失業期間中に
なかなか勤務先が見つからないで
苦労していた時がありました。
そして、やっとの思いで
ある工場で
経理の職種で雇ってもらえたことがありました。

 

男の経理の募集はなかなかなくて、
遠くても家から通えそうな会社ならどこでもよく、
かなり遠方まで探していました。

何とか面接までいくのですが、
断られていました。

そんな思いでやっと勤めた会社でしたが
経営者があまりにもヒステリーで、威張るので、
我慢ができませんでした。

 

もう少し頑張ろうと思っていたのですが
月曜日の朝急に我慢できなくなり
その日に退職を告げたことがありました。

一カ月の使用期間も持たないくらい辛く感じたのです。

その後、またすぐに
あの辛い無職期間と、仕事探しの苦しみ
お金がなく何も買えない毎日に苦労しました。

もう仕事がない日々は
みじめで辛くて耐えられません。

 

嫌でたまらない会社なら、
もう少し頑張ってみようと頭では考えていても、
突如辞めてしまう場合もありますので、
「この会社の人達は、もう本当に嫌だなあ」
と強く思うことがある場合には、
次の仕事の準備をしておく必要があります。

そうしないと生きていることが大変つらいです。

 

仕事が嫌でたまらない

 

もう辞めたい…でも、辞めたら生活できない

色々な事情で、多くの人が
仕事を辞めたくなることがあると思います。

辛い思いで就職活動したり、
知合いに頼んで入れてもらった会社でも
思っていた仕事と違っていたり、
嫌な人達がいて我慢できない会社だったりして
辞めたくなることもあります。

私も、若い時からそういう気持ちによくなりました。

 

会社を辞めてしまうと、
給与がなくなるので生活ができなくなってしまいます。

ですが、嫌な会社に勤務し続けることも
苦しくてできません。

それでも、
心身がもつ限り会社に行くしかないのです。

 

今は、私は個人業者です。
頑張って開業したのですが、
意地悪を言う顧客に係わることが多くなると
もう、こんな仕事やりたくない!」
と思うことがあります。

 

でも、こちらから仕事を断ると
収入が減るので、
生活が苦しくなってしまいます。
ですから、辞めたくても辞められません。

 

嫌な社長のいる会社を辞めたい

個人企業などの小さな会社に勤めている人は、
経営者夫婦から直接に指示を受けて、
日常の業務をしていると思います。

経営者は、
少しでも多く従業員を働かせて、
たくさん売上を得たい、
その支払う給与で、
できるだけ多くの仕事をさせたいと考えています。

従業員の気持ちなど
考えてない経営者夫婦も結構います。

 

するとそんな会社で働き続けることが
嫌になってきます。

 

でも辞めたら、生活できなくなります。

かといってこのまま今の会社にいって、
奴隷扱いされて、
召使となって毎日を過ごすのも辛く苦しいです。

 

 

転職経験が、
何回かある人なら分かってもらえると思いますが

 

こらえきれなくて、
次の仕事も決めないで辞めた場合、
次の仕事が見つからない日々は、
とってもとっても苦しいです。

 

使えるお金はなくなっていき、
辞めた月の給与が降り込まれてくるのをじっと待ちます。
その給与がなくなるまでの間に、
次の仕事を見つけなければ
生きていけなくなってしまいます。

 

次の勤め先が見つからない時は かなり不安です

私は、そういう経験をしてきていますから、
次の仕事がないのに、今の仕事をやめることは、
大変怖いです。

しかし、今の会社で嫌な仕事をやり、
奴隷扱いされているのも耐えられません。
みじめです。

でも、その会社を辞めても、
次の仕事が見つからない場合にも辛くてみじめです。

どうしたらいいのだろうか?

 

  • 怒りっぽい社長の下で、
    奴隷扱いされてみじめに生きていくか、
  • 退職して、いったんは自由になるが、
    次の仕事が見つからなければ、
    お金がなくてみじめどころか、生きていけなくなります。

 

過敏症の人は人とかかわらない仕事がいいかも

過敏な人や気弱な人は、
仕事選びは、普通の人よりも慎重に考えないと
こんな転職と退職を繰り返してしまうかもしれません。

 

自分が経営者に言われやすい性格の場合や
傷つきやすい性格の場合には、
人にかかわらない職業を選んだり
競争が激しい職業や
神経を使う人が多い会社を
避けた方がいいかもしれません。

 

また、経営者は直接に従業員に給与を支払う為、
従業員の勤務態度に対して感情的になりやすいです。

ですから経営者にあまり監視されないような
大勢の人が勤務している会社を選び
直接経営者に係わることがないようにすることも
いいかもしれません。

 

自由を取るか? お金を取るか?

やりたくない仕事をやる辛さ、
嫌な社長や上司に罵倒される悲しさ、
威張った客に馬鹿にされる悔しさを、
我慢していればお金がもらえます。

でも、その辛さに我慢できず、
辞めてしまえば、気持ちや体は楽になりますが

お金がない辛さに襲われてしまいます
食べるものも買えなくなり、
住宅代も払えなくなってしまいます。
仕事を探してもなかなか次の仕事がみつからない日が続けば
不安や恐怖に教われます。
どっちも辛いです。

 

嫌で嫌でたまらない仕事をしている人の中には、
突如、会社を辞めてしまう人もいるし、
朝起きた時に、
行こうと思っても体が動かなくなる人もいます。

 

私も知人にもそういう経験があります。

 

ですから、次の仕事を決めてから辞める。
いつでも自営業ができるなど、
その会社を辞めても収入が途絶えないように
準備しておかなければなりません。

 

仕事が嫌になりそうなら、
最低でも貯金をしている必要があると思います。

精神的なストレスの重圧や苦しみは、
他人にわかってもらえずに相当辛いです。

 

テキストのコピーはできません。