嫌な言葉が頭の中を繰り返す。一度嫌な目にあわされたら忘れない

嫌なことが忘れられない!

仕事で、すごく嫌な目にあったら
強い人でも
仕事を辞めたくなる場合もあります。

 

失敗を記憶して、二度と同じ失敗をしないようにする能力

人は、一度怖い目に合うと
もうそんな怖い目にあいたくないと思い
それを記憶し、
それからは同じ怖い目に合わないように
注意して生きていくものです。

人だけでなく、動物も同じでしょう。
一度罠にかかったら、
もう二度とかからないように注意する筈です。

一度怖い目にあったら
それを記憶する能力が生き物にはあるようです。 

 

でも、過敏な私は、嫌なことを言われた場合
とても記憶に残るものがあります。

 

その時の怒りや恐怖、不安が
いつも思い出され、
いつまでも心に残り
もうあんなことをされたくない、
あんな目にあいたくないと
苦しみ続けてしまう場合があります。

 

嫌な言葉が忘れられない

 

 

仕事で急に怒られたことが忘れられない!

私は、突如予想もしない時に
怖い顔をされ怒鳴られた時や、
自分が悪くないのに
嫌みや苦情を言われた時に、
その後何か月も、
そのことが頭から離れなくなる時があります。

 

強烈な恐怖体験をすると
外傷後ストレス障害というものになるそうですが、
私の場合にはそこまで行かず、
強迫観念というものなのか、
過敏性の性格なので
そんなことになるのではないかと思います、

 

仕事ので、一度でも、
急にヒステリィーを起こされ文句を言われると
その人のことがとても、
嫌になりもう会いたくなくなります。

 

ですから、お世話の仕事をしていて、
私が悪くないのに文句を言った客がいると、
その客が言った嫌な言葉が、
いつも頭の中で繰り返していることがあります。

 

それがとても嫌で、
もうその人に合うことが嫌になります。

その為、あまりにひどい顧客は
こちらから断るようにしています。

すると、売上が減るので、
生活ができなくなってしまいます。

それもこまりものなので、
どうしたらいいのか
わからなくなる時があって苦しいのです。

 

 

店長に怒られて仕事を辞めた人

昔の話ですが、調理店をやろうと思い
東京の大きなレストランに修業する為に
就職を決めた25歳の男性がいました。
そして、群馬県から就職の為に引越して行きました。
(その人は、50代で飲食店を経営しています

 

 

料理人の仕事は
長時間にわたる立ち仕事で相当辛かったようです。
毎日皿洗いや片付け、
買い出しや掃除ばかりだったそうです。
そのお店は、全然料理を教えてくれません。

彼は、こんな雑用をやる為に
わざわざ東京に出てきたわけでないと、
1か月もしないうちに仕事が嫌になっていました。

 

その彼の態度に、店長は不満を抱いたようで、
ある時、彼を怒鳴り叱り付けたそうです。

 

彼はとても、ショックを受けました。
やりたくもない雑用ばかりさせるし、
労働時間は長いし、
宿舎に帰れば先輩4人と共同生活で
もう我慢ができないと思っていたところです。
それでもなんとか頑張ろうと思っていたのに
「怒鳴りやがって」
「一生懸命にやっているのに、ひどいこと言いやがって」と
悔しくてならなかったそうです。

「馬鹿野郎」
「まじめにやれ、やるきがねぇのなら帰れ!」
「仕事をバカにしてんのか!」

それの言葉とその時の店長の顔が、
しばらく頭の中を巡り続けたそうです。

それから数日後、彼は仕事を辞めました。

 

図太い人でも嫌なことを言われると、頭から離れない

彼は、B型の自分勝手な性格の人であまりこだわらず、
さっぱりした性格の男性ですが、
そんな人でも
嫌なことを言われたらショックは大きいようです。

しばらくは頭の中で、
毎日 何回もその嫌なことが思い出され
苦しめられたそうです。

 

やる気がないのなら怒られるのは
当然のことかもしれないと思いました。

しかし、彼が相当ショックだったと言うので、
その叱り方や言い方に問題があったのかもしれません。

皆の前で怒鳴られたらショックも
大きいものになるのかもしれません。

 

精神的なショックを受けたら、
誰でも頭の中に
そのことが常に思い出され苦しむようです。

 

せっかく群馬県から引っ越して行ったのに、
またすぐに帰ってきてしまいました。

 

そして、今度は違う飲食店に勤めました。

そこで長時間の労働にも安月給にも耐え、
長く勤め料理を覚えて行きました。

長く勤務するには、
仕事場の上司の相性も環境も影響すると思いました。

 

にこやかな成年

 

「しかし、あの店長には頭に来たよ。
悔しくてさあ忘れられないよ

「俺が何悪いことしたっていうんだ?
嫌だったけど言われたことは
やっていたんだけどな」

意を決して東京まで引越して仕事に行ったのに、
怒鳴られたことが、そうとう嫌だったんでしょう。

 

彼が弱いわけでないのは、
彼はその後も他の飲食店に勤め、何年も働いた後
開業したんですから信念が合った人だと思います。

そんな強い人でさえ、
怒鳴られたれくじけてしまうこともあるのです。

 

 

テキストのコピーはできません。