敏感人の性格は、警備や防犯の仕事に向いているかも

敏感な人に警備の仕事

警備の仕事は、敏感な人にとっては、
いい仕事、合う仕事だと思います。

警備の仕事には、夜間にビルの見回りをすること、
昼間に商業施設の見回りをする仕事があります。

警備会社に入れば、そういう仕事もあります。

敏感な人の中には、
普通の人では見つけられないような問題が
早期に見つけられる人もいるので、

見回りや見張りの仕事などは、
向いている仕事だと思います。

 

遊園地や娯楽施設などの管理の仕事
できるのではないかと思います。

ごみ拾いや、壊れている所を発見して、
修理の依頼をすることや
迷子の発見や保護なども
できるのではないでしょうか?

警備の仕事は、
かなり向いているような気がします。

スポンサーリンク

 

防犯業務

遊園地や公園では、入園者が
荷物を
ベンチや、
芝の上にシートを敷いて荷物を置いて
その場を離れてしまうことがあります。

そういう時、置き引きに合わないように
見回ることにも向いています。

また、悪そうな人を事前に察知して、
その人が問題を起こさないかということも
できるのではないでしょうか?

過敏な人は、自分はそんなつもりはないのですが、
「よくわかったねえ」
「へぇーそんな些細なことで、そこまでわかったんだ」
と感心されることもあります。

過敏な人からすれば、
「なんでそんなこともわからないんだろう」と
思うのではないでしょうか?

普段は 無神経な人には
神経質と勘違いされ、細かいこと気にしてんだね!
なんて、嫌な言われ方をすることもあります。

敏感な人の中には、
ちょっとしたことでも
察知できる場合があります。

その能力は
警備や防犯などの仕事に活かせられます。
防犯カメラなどの設置、
防犯用具の販売、
緊急時の食料品などの販売にも
向いているような気がします。

防犯カメラ

交通誘導は 無理

駐車場の誘導の仕事もありますが、
これもある程度ならできると思います。
運転手の様子を察知し、
この人危なそう、注意散漫しているので、
しっかりと見守らなければいけない」
「相手によくわかるように、
駐車場に誘導しなければならない」ということも、
鈍い人よりはわかると思います。

 

運転手の目の動き運転状況から
運転が苦手そうだとか、不器用そうだとかが
なんとなくわかる人もいるので、
駐車場の誘導も出来ると思います。

敏感な人は、夜型の人も多いので、
ビル管理の夜勤や
夜の公共施設のパトロールなどもあります。
夜勤の仕事にも向いている人もいるでしょう。

これらの仕事は、
警備会社でやっているので、警備会社の勤務もいいです。

スポンサーリンク

 

道路工事の交通誘導は無理

ところが道路工事などの場合の
交通誘導には、向かないと思います。

道路工事で、行き止まりの場合には、
ここは通れないので、
他の道を案内する場合があります。

また片側通行止めの為に
交互に車を行かせるために、

信号機の様に「止まってください」
「通行してください」ということをしますが、

そういう時に、
通れないのかよ、ふざけんじゃねえ
「いつまで待たすんだ」と、
止められた運転手のイライラ
ビシビシ飛んできます。

工事で通行止めは仕方がない事なのに、
自分が悪いことをしたわけでもないのに
怒られたり、文句を言われたりすることもあるので、
そんな仕事だと
怖くてできなくなるでしょう。

「ここは通れません」と言ったり、
「止まってください」と、合図することは、
怖くて、申し訳なくて、怒られそうでできません。

ですから、
警備会社に勤めると
交通誘導の仕事もありますので、
そういう仕事はできないことを
告げておくといいです。

人手不足の業界ですから
多少の理解を示してくれると思います。

それでは雇えないと言われれば、
他の警備会社を探せばいいと思います。

過敏体質の人にも、
これらの警備の仕事ならできると思います。

 

 

 

テキストのコピーはできません。