弱いようで嫌だけど嫌な人からは逃げる方がいい!戦わない。

嫌な人からは逃げる

変な人、意地悪な人がいたら、
そんな人のそばから 逃げればいいんですが、
逃げることは、
「負けること」「あんな嫌な奴に負けたこと」
になり嫌な感じもします。

公園で放し飼いの犬が寄ってきたら、
遠のくでしょう。
負けとか 勝ちとか思わないで、
何も考えないでさっと離れることができます。

それに汚いものだと思った時も、
逃げるでしょう、
反撃するために触れたくもありません。

それなのに、
一緒に働いている会社の人間の場合には、
時々 逃げないで何とかならないかと
頑張ってしまうことがあります。

 

嫌なことをする人からは逃げる

 

戦わないと決める

戦うのは疲れるし、
ケガをすることもあります。

戦う価値がないような奴だと思えば
さっと逃げちゃえばいいと思います。

私は、逃げるのは意気地がない
という教育を受けたか、
そういう時代で育ったせいか、
できるだけ逃げないで
何とか対応しようと思ってきました。

すべてのことについてではありませんが、
すんなりやられてはいけないと思って
嫌な人とも、意地悪する人とも、
辛い環境でも頑張ろうとしたようです。

 

でも、逃げることは
ダメな人というわけでもないと思います。

逃げることも
自分の能力だと思えば

それでもいい、
自分が戦って何とかなりそうなことかどうか
判断できる能力があるから逃げられるんだと
思えば、それは賢い生き方だと思います。

ですから私は
「遠慮せずに逃げまくるんだ!」
と思う時もあります。

無駄な戦いは避けて、
できるだけ苦しむ時間を 持たないようにしよう、
自分が楽しめる時間を 持とうと思っています。

 

弱いから逃げる?

上司などは、逃げられないかもしれませんが、
心の距離を取ることはできそうです。

できるだけ、会話しない、
関わらないようにするといいです。

嫌みな上司に対して、
その上司の好きな話をしたり、
嫌みな客の役立つための情報を
提供しようとしたりしている人も
いるかもしれません。

好かれようとか、
これ以上 いじめられないように考えての
行動かもしれません。

無意識に
そんなゴマすりをしていたかもしれません。

そんなことをしても、
相手は嫌な人間であり続けるし、
攻撃を辞めないでしょう。

嫌なことをする人と話す時も、
嫌いなんだから
ニコニコ話さなくてもいいと思います。

世間話も する必要がありません。
嫌われてもいいです!
こっちは大嫌いですから。

そういう覚悟も必要ですよきっと。

へそを曲げて
もっと意地悪してきたり、
客でなくなったりしたらどうしよう・・・、
という不安があるかもしれませんが、

そういう弱い態度でいるから
つけ上がって嫌なことを
辞めないのかもしれません。

とにかく 係わる時間を少なくする、
意見交換を少なくする、

これ以上我慢していると
おかしくなるので、仕事でつながっていても
合う時間、会話する時間を少なくして、
嫌なことをする人から
逃げることを考えれば
少しは気が楽になります。

 

厄介者からはできるだけ逃げる。
嫌なことする人は、
汚い物、自分が相手にする価値がないもの、
取るに足りない物と考えて、
逃げまくるのがいいです。

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。