仕事が辛いと人生は辛い、会社に良い人がいればいいのに

仕事が辛いと 朝も辛い

仕事が辛いと人生はとても辛い!
仕事は、毎日長時間やる事なので、
それが辛いことだと毎日がとても辛いです。

朝起きた時から、
その仕事をするのかと思ったら 起きたくありません。
寝る時にも、次の日もあの仕事をするのか
と思ったら嫌になります。

辛い仕事だから、早く寝ないと
明日が大変なんて思うんですけど、
寝たくないし、寝られません。

スポンサーリンク

 

そして、仕方なしに布団に入ります。
寝たか寝ないかわからないうちに、突如目覚ましが鳴って、
もう朝か?全然寝られなかった」なんて感じになります。
この起きる時、朝がとても辛いんです。
あさ、苦しみの始まりかあ…

仕事が辛いと毎日辛い

 

仕事が辛い原因

辛い仕事をしていると、
会社に行って「おはようございます」と言うのも嫌です。
明るく挨拶なんかできませんよ。
これから地獄が始まるんですから。

嫌な先輩たちもいるし、仲良く話せる社員もいません。

仕事が辛い原因に、職場に良い人がいない
仲良くなれそうな人がいないことも
上げられると思います。

ちょっとくらい辛い作業でも、
ある程度仲良くなれる人がいれば
仕事は辛くないような気もします。

私は、学生時代の春休みに
友達と工場で流れ作業のバイトをしたことがあります。

とてもつらかったけど、朝工場に行けば友達がいるので、
辛くても春休みの2週間、バイトできました。

多少辛い仕事でも、同い年位の奴が一緒に働いていて、
仲良くなれたらそんなに辛くないかもしれません。

仕事が辛い人は、
職場は同じ年くらいの人たちがいる会社を選ぶといいです。

スポンサーリンク

優しい上司が一人いるだけでも

私は20歳くらいの時に
食パンを作る小さい工場で働いたことがあります。
夜学に行く為の授業料を貯める為にバイトをしていました。

その工場は60代の経営者夫婦とその姉妹、
近所のおばさんだけの
身内だけでやっている工場でした。

大きなテーブルで小麦粉をこねたり、
それを小分けにしたりして食パンを作りました。

職場は雑談もできるのですが、
おばさん達は知合い同士なので
気兼ねなく楽しそうに和気あいあいという感じで
作業していました。

私の親くらいの年を取った人ばかりなので、
そんな目上の人たちとは話が合いません。

私だけが、ろくに口も利かずに一日中作業をするのですが、
一人のおばさんが、私に とてもやさしくしてくれました

みんなの中に溶け込まそうとして、
私にもわかるような若い人向けの話題を振ってくれていました。

私が残業をしなくて、早く帰れるように
気をつかってくれたり、
お昼休みの休憩時間もきちんと取れるように
配慮してくれました。

そんなやさしさが伝わってきました。

つまらない仕事でしたが、
そのおばさんのおかげで頑張れました。

優しい上司が一人いるだけでも
仕事は続けられるもののようです。

もし仕事も会社も辛くて続けられないと思ったら、
次に転職する時には、
その会社の従業員さんの様子も見て決めるといいかもしれません。

良い人がいる職場や
仲良しがいる職場なら頑張れます。
テキストのコピーはできません。