友達がいないと孤独でみじめ。でも無理に仲良くなることはない

友達と分かれる小学時代:別れの悲しさ

私は、小学校では友達がたくさんできました。
放課後いつも遊んでばかりいたからだと思います。
しかし、私のいた小学校は、
進学する中学校が、西と南に 分かれてしまうのでした。

住所で進学する中学校は決められてしまいます。

ほとんどの児童が南の中学校に行き、
西の中学校に行く児童はとても少なく、

私は、小学校の時の友達が一人もいない西の中学校に
行くことになりました。

 

仲良しの友達と別れることがとても悲しくて、
嫌で仕方がありませんでした。

友達との別れが寂しいのは、
クラス替えの時にもありましたが、
学校が別になってしまうことは
もっともっと寂しかったです。

仲のいい人と別れることは、とても嫌です。

 

6年生の3学期は終わらないで欲しいと、
心でずっと思っていました。

 

しかし3学期は短い。あっという間に終わってしまい、
卒業することになってしまったのです。

その後、孤独な中学生活が始まりました。

 

友達がいない

 

友達がいない。みじめな中学生時代は孤独だった

中学校は、入学したての頃、クラスの中では、
同じ小学校の生徒同士で集まっていることが多かったです。

慣れてくれば、違う小学校の子同士でも話すようになります。

でも私は、そのクラスの生徒とは、なじめませんでした。

 

スポンサーリンク

 

部活が一緒だと、
部活が同じ子同士で仲良くなっていきました。
私が入ったのは楽そうなテニス部です。

雨なら外の部活はないと聞いていましたから、
早く家に帰れると思ってテニス部を選びました。

そんなテニス部の男子にも、

気の合う奴がいませんでした。

 

中学校の1年生の時には、
1日誰とも話さないような、

つまらない日が多かったのです。

 

小学校の時はそんなことはなく、
休み時間は他のクラスにも友達がいて
休み時間の校内は楽しい遊び場でした。
それに比べて中学校はとても嫌な所でした。

 

私は、中学1年の時、
夏休み前から学校は休みがちになり、
休むから授業も余計にわからなくなり、
成績も悪くなったのです。

 

中学校に入ってから自分の人生は、孤独でみじめで、
ずっと暗黒になった様な気がします。

 

 

無理に友達を作ろうとしなくてもいい?

そんな中学校時代でも、
何とか友達を作ろうと思い必死でした。

授業の合間の10分休憩の時にも、
自分の机に座りっぱなし
誰とも話さないことが、苦痛で仕方がありませんでした。

友達がいないのは、みじめです。

休み時間も自分の席にいることは、友達がいないからです。

そのことがクラスの誰かにしられることが、
みじめで恥ずかしい気持ちでした。

 

その為、何とか誰かと話すきっかけを作って
話そうとするのですが、
クラスの男のなかで気の弱そうな奴や、
親切そうな奴に話しかけましたが、
会話が続きません。

 

それに、自分が相手にされない感じもしていました。

必死に友達を作ろうとする行動も
誰かに見られていたらみじめで格好悪く、
嫌だなあと思いました。

 

友達のいない学校に行きたくない…

もう、こうなると
学校に行くのが嫌でたまらなくなりました。

家に帰ってから、風邪にかからないかと
薄着になったりしていたのですが、
寒くて我慢ができません。

お腹でも痛くなれば、
学校を休めるのになあと思っても、
中学校1年の時には、
お腹も頭も喉もいたくなりませんでした。

 

大人になってからは、
あちらこちらが痛くなって、医者に診てもらっても治らない、
こんなに痛いのに、
検査をしても異常は見つからないというのに
この時の体は平気でした。

 

体調を崩してほしい時には、
おかしくならないのに、困ったものです。

でも、なんとか風邪にかかり
休むことができる日々もありました。

学校を休んで家にいる時は気持ちが楽でした。
もしかしたら、
登校拒否のようなものだったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

友達がいる楽しさ、いない寂しさ

私は、小さい頃から人見知りする方で
知らない人とはあまり話せません。
生活環境が変わることも苦手です。

 

 

小学校では友達はたくさんいました。
でも、小学時代の仲のいい友達が、
一人もいない中学校では、

新しい環境にもなじめず、
一年生の時には友達はいませんでした。

 

50代になった今も
友達と言える人は一人もいません。

 

若い時において
友達は何よりも欲しいものです。

 

何かのきっかけで、
中学校も後半に入ってから仲のいい友達はできました。
その為中学時代もとても楽しかったです。

私は、友達がいる楽しさも、いない寂しさも経験しています。

学校が変わるたびに、こんな経験をしています。

 

友達がいると、毎日が楽しいです。

いないとさびしいです。
気の合う友達がいないと

毎日が退屈で孤独で苦しいです。

だからと言って、
仲良くなりたくない人や、悪い遊びに誘うような奴
無理して友達になるようではいけません。

 

無理に友達を作ることもないかも?

気の合わない人と遊んでも、つまらないし、
無理して一緒にいても苦しいだけです。

まして、悪い奴と言われているような奴
一緒にいることは、
人生を狂わせてしまうことにもなります。

 

人は一人では生きられないから、
誰か友人を作るべきだと思いますが

自分が、嫌な人と思っている人と

無理に友達になるくらいいなら
友人なんかいらないと思います。

 

私には現在仲のいい友達は今はいませんが、
それは自分にはやることがあるからです。
私は、そういう人のようです。

 

テキストのコピーはできません。