辛いのは自分一人だけじゃない、悩みや苦しみを話すと楽になる

わかってくれる人の存在

とても辛い時期に、
その辛い気持ちわかるよ
「私も同じ体験をしたことがあるよ、それ悲しいよねえ」
なんて言ってもらえるととてもうれしくなります。

辛い思いをしているのは、
自分一人だけじゃない 
ということが分かると、
かなりの救われた気持ちになります。

辛い気持ちをわかってくれる人は、ありがたいです。

 

辛いのは自分だけ

 

悩みや苦しみを話すと楽になる

会社の人が意地悪をする、
性格の悪い客に苦しめられている、
親に困らされている、
誰かにいじめられている、
隣の人がうるさくて嫌だ、
という他人が問題の悩みは 誰でも抱えているでしょう。

仕事をやりたくない、
貧乏が辛い、失恋した、
どんな仕事についても続かない
という自分自身の問題の悩みだってあります。

そんな自分の辛い気持ちを
誰かに言いたくなる時があります。

 

また、一人黙って苦しんでいないで、
誰かに打ち明けた方が良い困りごともあるでしょう。

人にだまされる前に
誰かに相談したことにより、
被害に合わなくて済むことも多いです。

人に相談することにより助けられることもあります。

 

悩みを打ち明けられ、聞いてくれる人がいると
ギュっと縛られていた心が、
フワッとゆるんだように思えることもあります。

 

人に話すと楽になれることもあります。

 

自分一人じゃないと思う時

自分の苦しい気持ちを
わかってくれる知人は大事な存在です。

自分の苦しみを
分かってくれる人がいると嬉しいです。

自分の気持ちを打ち明けられる人がいるということは
大変ありがたいことです。

自分の苦しい境遇や辛い気持ちを話せて
そして それを分かってくれる人がいるということは
生きる上でとても大切な気がします。

 

そしてそんな人が、
「んん…わかる気がするな、その気持ち。
それは辛いよなあ」

その人は自分が体験していなくても、
自分の気持ちを理解してくれる場合もあります。

 

「ありがとう、分かってくれて!」
思わずそう言いたくなります。

 

・わかってくれる人がいると、
自分は一人じゃない」 と感じられます。・「自分は一人じゃない」と思えると、
辛くてもと生きていけそうな気がします。

 

だれか悩みを聞いてくれる人を見つけておくことは
生きる方法の一つだと思います。

 

友人と話す

 

辛いのは自分一人じゃないことを知ると安心する

辛い目に合っていると
「なんで俺ばっかりが、
こんな嫌な目に合わなければならないんだ」

「こんなことで苦しんでいるのは、あたしだけだ

自分だけ辛いってことがとても嫌なんです。

・他の人はこんな辛い思いをしていないだろう、
・どうして自分だけが、
こんなことで悩まなければならないんだ。
と思うと
不幸をひとりで背負ったようでとても辛く感じます。

自分だけが悲しい思いをするということが
とても辛いのです。

生きていることが嫌になってしまいそうです。

自分一人だけが辛い
ということが仲間外れにされているようですごく嫌なんです。

そんな時に相談した人が、
私も同じだよ
その一言がどれだけ救ってくれることか。 

「私も親が再婚していてさ、
母親の再婚の男にいじめられてすごく辛かったよ」
なんて言ってもらえると
「ああ自分だけじゃないんだ」
それを聞くだけで、辛さが薄まる気がします。

 

悩みや辛さを人に打ち明けて、
それを分かってもらえるだけで気が休まります。
・同じ悩みを持っている
・同じ辛さを味わっている
・同じように苦しんでいる。

そんなことを言ってくれる人が現れると、
それだけで 救われたような気分に成れるのです。

 

テキストのコピーはできません。